ホーム > 2015年1月の記事

「愛し合って結婚した妻を疑うなんでとんでもない」「ほかの男と妻が浮気中なんてことは考えられない!」などと言う人がかなり多いことでしょう...。

浮気・不倫調査というのは、依頼者によって詳しい調査内容が全然違う場合がよくある調査と言えます。というわけで、調査について契約内容がはっきりと、かつミスなく反映されているかという点のチェックが不可欠なんです。裁判所等、法的機関の場合、偽造できない証拠や第三者から得た証言なりが十分な状態でないと、残念で…

素性調査探偵|夫婦であったものが離婚した場合...。

収入額とか浮気をしていた期間が異なれば、支払を請求できる慰謝料が高かったり低かったりすると考えている方がいますが、本当はそんなことは全然ないのです。かなりの割合で、支払われる慰謝料は300万円程度が相場なんです。自分の今から始まる幸せに包まれた人生のためにも、妻が誰かと浮気や不倫関係にあることを感じ…

ストレス発散が抜け毛対策になるなんて

社会人になると抜け毛が増えました。 忙しくてそれどころではなかったのですが、これをほおっておいたせいでいつの間にか髪の毛が本当に薄くなって来て、つむじ辺りが怪しくなりました。 気づいたのは友達から言われたからです。 友達に「○○って髪の毛そんなに薄かった?」と聞かれたのをきっかけに気になるようになり…

配偶者ビザ更新に困ったら

配偶者ビザを更新する場合には、各国の制度に沿って行わなければなりませんが、日本の場合は入国管理局で行います。配偶者ビザの制度は、とりわけカナダが厳しいと聞いた事があり、このため、カナダ人と日本人が結婚した場合にはまず、カナダ人が日本の配偶者ビザでしばらく滞在し、その後もしカナダで生活するのであれば、…

国際結婚手続きに翻弄されたあの人

婚姻要件具備証明書は、どこの国でも取得できるものではないそうです。国際結婚手続きの中で、混乱が生じやすいのがこの書類ですが、もともとこの書類は日本の国際結婚手続きの過程で生じるものですから、相手国がこの書類を発行しなければならない理由はないのです。後は、どれくらい両国の政府が協力姿勢にあるのかとか、…

仮放免がぜんぜん許可されない件

仮放免の手続きが不許可になり、途方にくれています。何度申請しても不許可になるので、入管の中にいる彼がもう諦めかけていて、入管職員の方のお話しもあって、帰りたいといい始めました。 仮放免申請は、在留特別許可との絡みで非常に慎重さが必要で、うっかりすると両方失敗するらしいです。なので今回は、行政書士さん…

中国での国際結婚の七不思議

中国人の友人が、このたび日本の九州で日本人と結婚することになり、2月には日本でご両親に挨拶をするとのことです。中国人と日本人との国際結婚は、最終的には日本で行うらしく、その際に必要な書類を中国の役所で認証をもらってきました。中国はアポスティーユを行う国ではないので、色々大変なようです。 中国 国際結…

1