ホーム > エリア > 破産宣告

破産宣告

民事再生という選択肢は住宅のためのローンもある複数ある債務に苦しんでいる利用者をターゲットに住んでいるマンションを維持しながら経済面でやり直すための債務の整理の手順として2000年11月にはじまった制度です。

 

この制度には、破産宣告のように免責不許可となる要素がありませんので賭け事などで債務ができた場合もこの手続きは問題ないですし、破産申告をすれば業務できなくなるリスクのある立場で仕事をしているような人でも手続きは行えます。

 

破産手続きの場合は、住宅を残すわけにはいきませんし任意整理等では、借金した元金は返していく必要がありますので、住宅ローンなども支払いながら支払い続けるのは多くの人の場合困難だと考えられます。

コーヒーを飲みながら

ただ、民事再生を選ぶことができれば、住宅のためのローン以外での負債は少なくない場合においてカットすることが可能ですので、マンション等のローンを支払いつつ他の負債を返済し続けるようなことができるということなのです。

 

でも、民事再生という選択肢は任意整理による手続きや特定調停といった処理と違って特定の負債だけを除いて手続きをすることは不可能ですし破産手続きにおけるように返済義務それそのもの消えるわけではありません。

 

それに、これとは別の解決策と比べると手続きの方法がこみいっていて期間もかかりますので住宅ローンがあってマンションを手放すわけにはいかない状況などを除き、破産宣告などその他の解決策がない際における最後の手続きとしておいた方がいいでしょう。

 


関連記事

  1. 仮放免がぜんぜん許可されない件

    仮放免の手続きが不許可になり、途方にくれています。何度申請しても不許可になるので...

  2. 中国での国際結婚の七不思議

    中国人の友人が、このたび日本の九州で日本人と結婚することになり、2月には日本でご...

  3. 本当に言葉どおり

    実際にノートPCのディスプレイの前に座り、上下している市場を眺めているとどことな...

  4. どうしてもムリ?

    破産を検討する人であなたの借り入れに関して保証人となる人物が存在するときにはあら...

  5. 破産宣告

    民事再生という選択肢は住宅のためのローンもある複数ある債務に苦しんでいる利用者を...