ホーム > エリア > 本当に言葉どおり

本当に言葉どおり

実際にノートPCのディスプレイの前に座り、上下している市場を眺めているとどことなく売買をしたいという感情が生じる人も多いと思います。

 

しかしながら、あやふやな勘で取引することは間違ってもしてはいけませんご覧の通り、外国為替市場は1日中、いかなる時でもいずれかで外国為替相場が開かれているし、マーケットも休みなく変動している。

 

しかし、だからといって闇雲に売買を積んでいくと、それだけで損をする可能性が上がってしまいます。

 

無論、トレードの回数を経験することによって結果的に利益を上げられる確率か五分五分になっていきます。

 

けれどもその事実は「なんとなく勘で売り買い」することとは別の話だ。

 

売買回数を積むということは自ずから「ここはいける」と考える勝機を持った状態での注文回数を増やすという事です。

 

何となく、絶え間なくトレードを繰り返すのとは違います。

 

為替相場の駆け引きに負けないためにはあなたが意識してけじめをつけることが不可欠です。

 

「ここで勝負」と思えたマーケットの時には、覚悟を決めてポジションを積み増して思い切り利益を追い求めます。

「ちょっと悩ましい為替相場で、どう上下するのか予想できないな」と感じたならば、潔く諦めてポジションをひとつも残さないで諦めて黙っています。

 

このくらいのメリハリをつける方が最後に注文はうまくいくものだ。

市場の金言には「休むも相場」というものがある。

本当に言葉どおりだと感じます。

 

為替取引とはいつでもポジションを所有する事が大事ではなく、ポジションを保有せず静観していることも時には外国為替相場です。

 

では、どの場面で休めばよいのだろうか。

 

最初に考えられるのが、先に述べたように、直近の外国為替相場が具体的に見通しがきかない時ですここからどちらにいくのか決める事が出来ない時は考え無しで行動すると、自分自身の考えた脚本とは異なった方向に市場が変化してしまい損失を被る事になります。

 

こういった場面ではポジションを整理して、そのままの状態で様子をみるのが最良の選択です。

もうひとつの場面は、自分自身の体の具合があまりよくない時です。

体調と市場に何の影響も与えないと思う投資家もいると思いますが実際には関係がある。

体調がよくなければ、相場の決断しなければいけない場面で必要不可欠な判断が出来ない場合があります。

関心がわかない時は、取引から遠ざかる事も重要な事です。

 


関連記事

  1. 仮放免がぜんぜん許可されない件

    仮放免の手続きが不許可になり、途方にくれています。何度申請しても不許可になるので...

  2. 中国での国際結婚の七不思議

    中国人の友人が、このたび日本の九州で日本人と結婚することになり、2月には日本でご...

  3. 本当に言葉どおり

    実際にノートPCのディスプレイの前に座り、上下している市場を眺めているとどことな...

  4. どうしてもムリ?

    破産を検討する人であなたの借り入れに関して保証人となる人物が存在するときにはあら...

  5. 破産宣告

    民事再生という選択肢は住宅のためのローンもある複数ある債務に苦しんでいる利用者を...