ホーム > NEWS > 売買ポジションを持つ

売買ポジションを持つ

実際にPCのディスプレイの前で変動しているマーケットを見てしまうとすぐにエントリーをしたくなるという思いに影響される人も少なくないと思います。

 

だが、あやふやな思いつきでエントリーすることだけは避ける必要があります。

 

分かっていると思いますが、マーケットは24時間、マーケットが変動しているし、市場も常に、変動しています。

 

そうであっても、頻繁に売り買いを積んでいくとその分損失を被る危険性が上がります。

 

言うまでもなく、売買の回数を経験することによって、トータルで儲けられる確率が半々に近づくのは事実です。

 

しかしこれは「はっきりしない思いつきでエントリー」とは別の話です。

 

売買回数を積み重ねるという意味は自分が「ここは勝てる」と考え付いた感覚を得られたケースでのトレード回数を積むという事です。

 

格段の理由がなく、休む間もなく売買をするのとは大きく異なります。

 

外国為替相場の戦いに勝つためには、自分が思案して緩急をつけることが大切です。

 

「ここがチャンス」と思えた市場の時には、所有ポジションを多くして、儲けを追求する。

 

「ちょっと分かりにくい外国為替相場で、どう推移するのか理解できないな」と感じたならば、思い切って売買ポジションを見切りをつけて何もせず静観します。

 

これくらいの緩急をつけた方が最後にはトレードは勝利します。

 

外国為替市場の金言には「休むも相場」という言葉があります。

実にその通り。

相場とは、売買ポジションを持っていることがすべてではなくどれも所持せず何もしないことも場面によっては相場です。

 

それならば、いつ、休むといいのでしょうか。

 

ひとつは、前述したように、直近の外国為替市場が曖昧で分からない時です。

 

今後どちらにいくのか判断できない時は、考え無しで行動すると、自分で思った脚本とは逆にマーケットが推移してしまい、損する事になってしまいます。

 

だから、こんな場合はポジションを無くしてそのまま見ているだけが唯一出来る事です。

http://tuura.hatenablog.com/

ふたつめは、体の状態がすぐれない時です。

 

健康状態とマーケットに何の影響も与えないと思う方もいるでしょうが現実には思いのほか関係あります。

 

健康状態がよくなければ、市場の重要な場面で、正しい決断を下すことができなくなります。

興味がわかない時は、取引から遠ざかる事も肝心な事です。

 


関連記事

  1. イオンSuicaカード

    今使っているのはイオンから発行されている「イオンSuicaカード」です。 200...

  2. 紹介されるエステやコスメのこと

    以前テレビで、IKKOさんがどこかのエステへ行き、金粉か何かを使ったエステを紹介...

  3. 渋谷の街で信号待ちをしていました

    昔のバブル世代の再現ともいうような感じのファッションでした。実際にバブル世代では...

  4. うきうき家計簿 フリー版

    インターネット上で無料でダウンロードできる家計簿で毎月の収入(給料、臨時など)支...

  5. 売買ポジションを持つ

    実際にPCのディスプレイの前で変動しているマーケットを見てしまうとすぐにエントリ...

  6. ストレスが体に異変を

    ストレスが体に異変をもたらすこと、 これはあると思います。 ストレスと皮膚のかゆ...